“自粛明け”に戦々恐々としている人「在宅でも仕事できたから、もう満員電車乗りたくない」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

“自粛明け”に戦々恐々としている人「在宅でも仕事できたから、もう満員電車乗りたくない」

外出自粛が明けると満員電車に体をねじ込む日々も戻ってくるのか

外出自粛が明けると満員電車に体をねじ込む日々も戻ってくるのか

緊急事態宣言が各地で解除され始める中、自粛が明けることに戦々恐々としている人もおいるようだ。ガールズちゃんねるに5月19日、「【コロナ】自粛明け鬱・不安」と言うトピックが立った。

「勤務先が21日から再開するのですが、めっちゃ行きたくないです。1ヶ月以上休んでたからすんなり元の生活に戻れる気がしない」
「気持ち的にも体力的にも職場に行って働ける気がしません。今肌の調子がいいのは、時間をかけてたっぷりお手入れしているからというのと、仕事での過労やストレスがまったくないからだと思います」

自粛期間中は仕事が休みだったりテレワークに切り替わったりなど、職場に行くことがなくなったため、今更職場に行くことが億劫だと考える人は多くいる。(文:石川祐介)

「テレワークでも結構仕事ができることがわかった」

また、働くことだけでなく、嫌な同僚に会うことを警戒する声も散見された。

「オンライン会議最高だった。もう直接全員が顔を突き合わせる必要を感じない」
「おしゃべりな同僚が在宅勤務になって静かに仕事が出来て快適だったのにまたうるさくなる」

苦手な同僚や上司と顔を合わせことがなくなったおかげで、のびのびと仕事に取り組めていた反動で、自粛明けにはメンタルヘルスがやられるビジネスパーソンが増えないか心配だ。

また、「テレワークでも結構仕事ができることがわかったから、わざわざ毎日満員電車に乗ってまで会社に行きたくない」と通勤ラッシュを憂鬱に感じている人もいる。自宅でも問題なく仕事ができるなら、心と身体を消耗する満員電車は避けたいところだ。感染防止の観点からも回避するべきだろう。

「電車や道が空いてるだけでストレス激減ですごく快適だった」

自粛明けに不安感を持つ人には様々な事情がある。

「太ったから人に会いたくない。1日2時間エアロバイク漕いでいたのに2キロ増えた。かろうじて履けていたジーパンが入らない」

人と会わなかったことで自堕落な生活を送り、太ってしまったために自粛明けを恐れる人や、「自粛明けてもとくに会う友達がいない」と自粛明けに再び孤独感を味わいたくない、という人もいた。

在宅ワークをしていない人からも自粛明けが憂鬱だという声が出ていた。

「テレワークも自粛も全く関係なく通常勤務だったけど、電車や道が空いてるだけでストレス激減ですごく快適だったから、これから人が増えるのかと思うと憂鬱 今後もテレワーク出来る人は続けて欲しい」

自粛期間中が意外に快適だった、という人も多い様子。在宅で成立していた業務などはそのままにして、豊かな働き方や生活が継続できるよう政府も企業も今回の自粛をプラスにつなげてほしい。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. "ゆるい"会社に勤めている人 「鳴らない電話番しか仕事がない」「10時と3時にお茶の時間がある」
  2. 「日本一給料が高い会社」キーエンスの実態 「年に4回のボーナス」「20代で年収1350万円」
  3. ストレスが少ない都道府県、愛媛県が2連覇! 温暖な気候の方が交感神経が抑制され、リラックスできる?
  4. 徳利の謎マナー、業界団体は「積極的に広めなくて良い」 「注ぎ口を使わないほうが良い」ネットで拡散
  5. 東京五輪、テレビで「観ない」人の複雑な気持ち 「誘致時の約束がほとんど守られていない。世界に対して恥ずかしくて情けない気持ちがいっぱい」
  6. 「内定辞退6割」がトレンド入りで話題に 氷河期世代は「羨ましい」、一方で「いざ内定してみたら闇すぎて」という人も
  7. 「ニートを経験した方が人生観が豊かになる」という説 社畜として消耗するぐらいなら一度社会から離れてもいいのでは
  8. 「メモは取らない方がいい」 茂木健一郎「いきなり書き始めたり、描き始めたりする方が効率が良い」とツイート
  9. 生徒の成績で教員を評価、大阪市の施策は「教師の軋轢生み授業の質下げる」教育コンサルが苦言
  10. 元商社マンが牽引する関西ペイントの「グローバル戦略」 南ア子会社には日本人ゼロ

アーカイブ