「向こう1年、9万円減給でボーナスなし」コロナ禍で業績悪化、そのツケは従業員に | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「向こう1年、9万円減給でボーナスなし」コロナ禍で業績悪化、そのツケは従業員に

収入減で嘆く人たちの声

収入減で嘆く人たちの声

新型コロナウイルスの影響を受け、経営不振に陥っている会社は多い。言わずもがな、しわ寄せはそこで働く人々に及んでいく。キャリコネニュース読者からは

「業績悪化により向こう1年間、約9万円の減給でボーナスなし。今後の生活が厳しくなってくる」(福岡県40代女性サービス系)
「アパレル販売です。デベロッパーが休業状態で、従業員が雇用調整になりました。本社スタッフは2割の減給です」(東京都40代女性事務・管理職)

といった経験談が寄せられている。(文:鹿賀大資)

“5月は減給、6月は休業補償”と言っていたのに……

長崎県でメーカー系企業に勤務する40代男性にいたっては

「コロナの影響あり。病院への営業のため、訪問や提案などの活動がまったくできません。成長製品のため、既存製品からの切り替えをしなくてはならないのですが、それができず、見込みノルマの達成は厳しいと予想しています」

と訴えている。

サービス系の会社で事務・管理職として働く、大阪府の50代女性の職場はコロナの影響で売上が下がり、全体の仕事量が減っている。これに伴い、女性は在宅勤務を指示された。先日は、会社から電話があり、「売上が回復するまで給料を2割カットさせてほしい」と言われてしまった。ところが、それは以前に会社が通達していた条件と異なる内容だったという。

「前は全社員に『5月までは給料は出る、もしその後も厳しいようであれば6月から休業補償を予定している』と言っていました。つまり5月は減給で、6月から休業補償ということです。でもそれだと、もらえる補償が減ってしまいます。それなら5月から休業補償の方がいいのでは、と感じました」

「一本の電話連絡で、減給を受け入れなければならない現状に不安」

いくら業務量が減ったとはいえ、まるっきり仕事がない訳ではない。女性は「そもそも休業補償をもらって仕事をすること自体、おかしな感じがしています」という。また、

「職場には休業扱いのスタッフもいます。でも私は、家に張り付いて仕事をしないといけないリモートワークなので、休業でも何でもありません。たった一本の電話連絡で、減給を受け入れなければならない現状に不安です」

と不満を綴っている。

ほかには「万年筆などを仲介している会社で働いています。百貨店などの休業が相次ぎ、売上はまったくありません。緊急事態宣言が解除されたからといって、今の状況では、わざわざ買いに来るお客さんもいなそうなので不安が募ります」(東京都50代女性事務・管理職)といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「【新型コロナ】会社の業績に影響はありますか?」「”オンライン疲れ”してませんか?」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ