「”いい給料”と言えるのは年収1000万円以上からかも」世帯年収400~600万円の生活感

都内に暮らすシングルマザーの30代女性は、週5日のフルタイム勤務。子どもは1人だが、未就学児のため「残業はせず頑張っています」という。シングルマザーを対象とした国からの手当は、所得制限により受けることができない。

「管理職になってバリバリ稼ごう!と思っても、職場にいる女性管理職は独身や子なしの人ばかり。無制限に残業をしている彼女たちと同じようには働けません。『子どもがまだ小さい』というハンデを、あと10年以上は抱えていくことになるでしょう」

残業はもちろん、出張の要請があっても、女性は対応できない。子どもがインフルエンザにかかった場合は、保育園に預けられないため1週間ほど会社を休まなければならないという。ちなみに貯金はできておらず「月に5万円ずつ貯金を切り崩している状況です」とつけ加える。女性は「中途半端にしか生きられないと感じる。子どものやりたいこともさせられず、将来は不安しかありません」と心境を明かしている。

「昔の人は今より税金を引かれることがなく、ローンの利子も低かった」

サービス系の企業に勤務する香川県の30代男性は、1馬力で専業主婦の妻と小学生の子どもを養う。体の弱い妻が働けない事情もあり「私が倒れたら、本当に生活が立ち行きません」と打ち明ける。現在の生活状況について、

「貯金は300万円、その内200万円は児童手当を積み立てたものです。児童手当の貯金は子ども専用。自分たちの老後のことは後回しになっています。車のローンも月3万円支払っていますし、必要最低限の生活しかできていません。月5万円ずつ貯めていますが、赤字の月には貯金ができないことも」

自身の生活状況を踏まえ、男性は「なぜ昔の人は家を建てたり、いい車に乗ったりできていたのか」疑問を感じていたという。「ある人から『今より税金を引かれることがなく、ローンの利子も低かったからだ』と聞いて納得。正直うらやましいと思いました。何のために生きているのか、わからなくなる時もあります」とコメントしている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。