世帯年収600~800万円、所得制限に不満の声「子どもの人数や年齢を加味して欲しい。うちの子たちが将来の年金を賄うのに」

世帯年収600~800万円のリアル

世帯年収600~800万円のリアル

国が実施する各種助成制度は、いわゆる所得制限が設けられている。所得が一定額以上の場合、助成金の満額受給ができなかったり、対象外になったりする仕組みだ。年収600~800万円世帯の中には、助成制度の所得制限に不満を持つ人も少なくない。神奈川県の30代男性は乳幼児医療費助成制度を引き合いに出し、

「社会的な恩恵がないのに高い税金を払っているため、実質的な負担は大きいです。子どもの医療費なんかは分かりやすいと思います。周りの皆さんは『マル乳医療証(乳幼児医療証)』を出せば無料で診療してもらえるみたいですが、私の子どもは3割負担です」(IT・通信系)

という声を寄せている。ちなみにマル乳こと乳幼児医療費助成制度は、所得制限を設けていない地域 もあるが、例外的だ。

各種助成制度の所得制限に不満を持つ人はほかにもいる。同年収世帯のキャリコネニュース読者から寄せられた投稿を見ていこう。(文:鹿賀大資)

「形だけでも離婚して母子家庭になれば、国から大学進学の支援を受けられるのでは」