パチンコで「私だけ当たらない」とイカサマ疑う女性 不正なんかしなくても客が負けるようにできている

「パチンコって本当に確率ですか?」と怒る女性

「パチンコって本当に確率ですか?」と怒る女性

パチンコのイメージは、いつの間にか「庶民の遊技」から「後ろ暗い業界」に変わった。世間でもイカサマが横行しているのでは? と考える人が多くなったように感じる。

自分はもともとパチンコホールで働き、ライターになってからもパチンコ業界と縁があるが、確かに、過去にはイカサマに走って営業停止になった後、頃合いを見計らって名前を変えた上で営業再開するグループも存在していた。店長がサクラを紛れ込ませて、本社に内緒で設定変更し、小遣い稼ぎに走ったホールもあるにはあった。

だけども、大多数のパチンコホールはそんなことはしない。裏モノを置いたり、お店側で不当に出玉を操作したりするような時代ではないのだ。それでなくても、現行スペックの機種は、何もしなくてもお客さんからブッコ抜く仕様のものが多い(特にパチスロ)。

現代において、イカサマはほとんど意識せずに遊んでいいと、個人的には考えている。でも、パチンコの仕様をよく知らない人にとっては、まるで魔法のように出玉が操作されていると感じることも多いのは分からなくもない。(文:松本ミゾレ)

「あのときの快感を覚えて、こっそり通うようになってしまいました」