「どうしても税金の支払いが間に合わず」 30代女性が役所に相談してみた結果……

税金が高すぎてつらい…

税金が高すぎてつらい…

収入と生活の関係が密であるように、税金も暮らしを左右するものだ。収入は減っても増やすことができるが、税金は取られる一方である。こんな観点から捉えても、やはり収入と税金は永遠に交わることがない。だから税金に不満を募らせる人は多いのだろう。キャリコネニュース読者からは、

「年収1800万を超えてから、急激に税負担が重くなる。1800~4000万まで同じ税率40%というのも納得できない。せめてもっと緩やかな累進課税にしてほしい」(30代男性/埼玉県/IT・通信系/年収2200万円台)

といった声が寄せられている。累進課税の税率は所得に応じて7段階あるが、男性にとっては“1800万円の壁”といったところか。このように税制や法律には、しばしば収入に応じた「壁」が出てくる。埼玉県の30代女性(サービス系/派遣社員/年収300万円台)も、日雇い派遣に関する“500万円の壁”に苦しむ一人だ。(文:鹿賀大資)

「納税は国民の義務なんだから借りてでも払ってください」