所得制限に怒る世帯年収1200万円の40代女性「夫は結婚後も奨学金を返していました。今の年収も努力と忍耐の賜物です」

納得いきません…

納得いきません…

働いて収入を得たら所得税を、買い物をしたら消費税を払う。ほかにも住民税やたばこ税、酒税、法人税などさまざまだが、この税金があるからこそ、公共施設や各種サービスの利用ができる。しかし税金に煩わしさや怒りを感じる人もいる。

愛知県の40代男性(商社/年収1000万円)は、「税金、年金、健康保険料の負担ばかり増え、手取りは年収の割に増えない」と憤りを隠せない。男性は高年収のため公的補助も手薄くなってきており、「何のために努力してきたのか分からなくなる」と嘆く。(文:中島雄太)

「特例給付さえも受け取れなくなるのは理不尽でなりません」