飲食店でのシェアはどこまで許される? 牛丼屋で「一杯のミニ盛を分け合って食べた」ツワモノも

まさに一杯のかけそば……

まさに一杯のかけそば……

時代の流れか、1つの料理をシェアして食べるスタイルが増えてきているが、これってどこまでが許されるのだろう? 12月7日の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で紹介されたのは、小さな飲食店を家族で営んでいるという女性の怒りの声だ。(文:みゆくらけん)

たとえば3人で来て1品しか注文せず、堂々と取り皿を要求してくる客。最近、そんな客が増えてきて困っていると女性はいう。

「こちらとしては、お茶やおしぼりなど、お1人ずつきちんとサービスしているので利益は減る一方です」

2人前の焼き鳥を6人でシェア「ネズミのエサかよ!」