「安くて便利が当たり前」に疲弊するサービス業の人々「繁忙期は1日12時間勤務。人がいなければ休日出勤必須」

飲食、販売、観光、アミューズメント。物だけでなく、情報や快適さ、技術、娯楽などあらゆるものが「サービス業」の商品として扱われている。人々の余暇ニーズを満たすための業界だからこそ、働く側の負担が重くなる場合もある。企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた口コミからは、サービス業界のハードな勤務形態が見えてきた。(参照元 キャリコネ「サービス業」

「土日まったく休めない」「長期休暇が取り辛い」