ブラック企業から転職して驚いたこと「飲み会代全てをジャンケンで支払わされることがない」「健診結果がC→A判定」

ブラック企業から転職して驚いたこと

ブラック企業から転職して驚いたこと

ホワイト企業へ転職すると、あまりの待遇の良さに「自分はなぜブラック企業で苦しんでいたのか」と唖然とすることがある。キャリコネニュース読者から寄せられたエピソードを見ていこう。

技術職の40代男性は、「就業規則はもちろん公開、残業手当は1分単位、無駄な残業はさせない、家族手当などの諸手当はふつうにつく、家を買ったらお祝いが出る、など制度面での違いに驚いた」という。福利厚生面や金銭面だけでなく、職場の雰囲気も良く、転職は”成功”と言えそうだ。

「職場では罵声を浴びせられることもなく、皆さん淡々と業務に励まれてることも衝撃的でした。ブラック企業では飲み会が頻繁にあり、そこでのパワハラやアルハラは日常茶飯事でしたからね」

なお、ホワイト企業転職後は飲み会がほぼなくなり、酒を強要されることもなくなったという。

「社員使い捨てではなく社員を資産と考える経営イズムがある」