台風直撃でも「みんなの思いが職場にあれば必ず出勤できるはず」と上司から連絡 「無理なときは無理」と反発相次ぐ

台風直撃でも「みんなの思いが職場にあれば必ず出勤できるはず」

台風直撃でも「みんなの思いが職場にあれば必ず出勤できるはず」

9月9日の深夜から未明にかけて、過去最強クラスともいわれる台風15号が首都圏を直撃した。9日は月曜日ということもあり、各地で「会社に出社すべきか否か」「行こうと思っても電車が動かない」といった混乱が生じていた。

ヤフー知恵袋には同日未明の0時過ぎに、関東在住の会社員から、こんな相談があった。台風直撃を受けて上司から、社員全員に向けて

「タクシーなどの手段も考えて出勤してください、みんなの思いが職場にあれば必ず出勤できるはずです」

と連絡メールがきたというのだ。相談者宅は電車で1時間半ほどかかる距離で、タクシーも捕まるか分からない。そのため、「また状況を見ながら連絡します」と返信したものの、「なにがあっても出勤しますと応えるべきだったでしょうか?」と質問している。(文:okei)

「台風を理由に遅刻する社員はそこまでの社員」という会社も