【モンスター新人】注意されたら先輩に無言でボディーブロー「周囲に取り押さえられ、その日のうちにご退職願いました」

入社初日から遅刻した新人は、「道に迷った」と言い訳をしつつ、「前日のシミュレーションは問題なくできたけど、今朝は電車が混んでいて混乱しただけです」と言い放った。入社後も、

「挨拶や返事が聞こえないくらいの小さな声。電話は出たくない。客先へ行くのはイヤ。来訪者の対応は人見知りだからできない。先輩や同期が力仕事をしていても知らん顔。彼の代わりに仕事をしてあげても『ありがとう』が言えない」

とモンスターぶりを発揮していた。さらに、「言葉遣いが悪い上、社長にもタメ口。人との距離感がつかめないのか、ものすごく接近してくる。注意を受けていてもニヤニヤしたり、思い出し笑いをする」と女性は困惑したという。

キャリコネニュースでは引き続き「ありえない新人エピソード」「年収を上げるためにやったこと」に関するアンケートを募集をしています。