「1年で10人が鬱で離脱」「暴力を受けて後遺症が残った」 ハラスメントどころじゃない極悪な職場

なんなの……

なんなの……

パワーハラスメントやセクシャルハラスメントのほかに、最近ではモラルハラスメントやマタニティハラスメントという言葉も聞かれるようになった。今回は企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた口コミの中から、実際にあったハラスメント体験を取り上げる。
【参照元:キャリコネ】

「約50人のバイトを活かせない上司の下にいた。『自分の能力を誇示しがち』『過去の経験や知識だけで物事をとらえる』という人物。ある1年間で、鬱で離脱した社員が身近に10人もいた。パワハラモラハラがひどく、無視も決め込むから最悪。先輩がストレスで入院するは、消える人もいるはで散々だったので、自分もダメになると思って退社した」(会計、30代前半、男性、契約社員、年収300万円)
「ここは妊娠した女性や、産休に入る人間には厳しいところです。おめでとうの一言もなしに、レジチーフに『迷惑なんだけど』と言われたパートさんもいた」(フロアスタッフ、20代前半、女性、正社員、年収180万円)
「パワハラセクハラが多い。男性社員は胸倉をつかまれ、机を叩かれたり息をするなと言われる。女性社員は飲み会の席で抱きしめられたり触られたり、役職者の隣で奉仕させられる。こんな会社辞めます」(不動産専門職、20代後半、女性、正社員、年収400万円)

パワハラ、モラハラ、マタハラ、セクハラなど、さまざまなハラスメント体験が寄せられた。こうした行為は許されるものではない。本来ならば会社が率先してハラスメントを取り締まるべきだ。しかし、なかにはハラスメントを握りつぶしてしまう企業もある。

「被害者社員は泣き寝入りで退職」「警察にすぐ相談すべきだった」