「お祈り」から「応援」へ 採用見送りの求職者を企業間で紹介し合えるサービスが始まる

ネガティブな不採用の連絡が「応援」に変わる

ネガティブな不採用の連絡が「応援」に変わる

都内のIT企業sasryは10月7日、採用を見送った人材を企業間で紹介しあえるサービス「Sasry scout」の事前登録受付をスタートした。

「企業間のつながりによる新時代の採用サービス」という趣旨で、自社で採用を見送った転職希望者を紹介し合うことで、企業間で協力しながら採用業務の効率化が見込める仕組みになっている。

同社のHPでは

「『通勤条件があわない。ポジションが空いてない』などの理由で採用できなかった人材を企業間で紹介することで、採用の効率化を実現するサービスです」

とアピールしている。

「採用見送った人を応援したい」という現場の声に応える