20代、理想の通勤時間1位は「30分台」 職場に近すぎるのはイヤ?

20代社会人が抱える理想と現実の差が浮き彫りになった

20代社会人が抱える理想と現実の差が浮き彫りになった

マイナビワークスは10月10日、「20代の理想の働き方と現実の働き方のギャップ」に関する調査結果を発表した。調査は今年1~5月にかけて、同社が運営する「マイナビジョブ20′s」の20代利用者を対象にアンケート形式で行い、既卒未就業者を除く男女1222人から回答を得た。

理想の有休取得日数を聞いたところ、最多は「6~8日」(38%)。次いで多かったのが「11~15日」(33.5%)だった。4月から働き方改革関連法において「5日間」の有休取得が義務化されたが、5日ではまだ不十分だと感じている人が多いようだ。

一方、現職または前職で実際に有休取得した日数については「6~10日」(31.8%)が最多だったものの、「1~5日」(27.3%)、「0日」(22.7%)とほとんど取得できていない人も多く、理想との間に大きなギャップがあることが分かった。

理想的な残業時間1位「10~19時間」、2位「20~29時間」