飲食店の店長、休みは「月4日以下」が3割超 悩み1位は従業員の「当日欠勤」

飲食店店長の業務実態とは?

飲食店店長の業務実態とは?

シンクロ・フードは12月4日、飲食店を対象にした「店長業務の実態」に関する調査結果を発表した。調査は9月にネット上で実施し、店長として働いた経験がある247人から回答を得た。

飲食店の店長としての悩みを聞いたところ、最多は「シフト調整/当日欠勤」(46%)だった。次いで、多かったのが「スタッフ教育」(44%)、「給料が少ない」(42%)など。このほか、「スタッフとの人間関係」(36%)といった従業員管理に関連するものや、「家族や恋人との時間が足りない」(34%)にあるように、店長自身の労務環境に頭を抱える人が目立った。

月給ベースの昇給額、4割以上が「3万円未満」と回答