“屋内禁煙”でマイナス影響が出る業種、1位は「旅館・ホテル」 「飲食店」「娯楽サービス」も上位に

全面禁煙に取り組む企業は南関東に多かった

全面禁煙に取り組む企業は南関東に多かった

帝国データバンクは3月24日、「企業における喫煙に関する意識調査」の結果を発表した。調査はTDB景気動向調査2020年2月調査とともに実施し、1万704社から回答を得た。

本社事業所または主要事業所の喫煙状況を聞くと、最多は「完全分煙」(53.9%)だった。「全面禁煙」(26.2%)にとどまった一方、17年9月の前回調査からは4.1ポイント増加している。

全面禁煙の実施率、低いのは「製造」「運輸・倉庫」