外出自粛中でもパチンコに行ってしまう人の心理 元ギャンブル依存症者が解説

外出自粛中でもパチンコに行ってしまう人の心理とは

外出自粛中でもパチンコに行ってしまう人の心理とは

新型コロナウィルス感染拡大で緊急事態宣言が出され、さまざまなお店が営業自粛しています。パチンコ店もその対象となっている自治体がありますが、一部の店舗が営業をしており店名公表などの措置が取られています。

それでも営業を続け、その店に通う客がおり、「なんでパチンコいくの?」と思う人も多いはず。「みんな外出自粛している中でなんで?」「他県に遠征ってなんのため?」「感染拡大したらどうするんだ」などと腹立たしくなる気持ちはわかります。

筆者もそう思うのですが、何を隠そう元ギャンブル依存者。わざわざこの騒ぎの中、他県まで行ってパチンコを打ちたい気持ちはギャンブルしない人には理解できない行動です。僕には少し理由がわかる気がするんです。(文:ちばつかさ)

負けが続いている人ほどパチンコに行ってしまう傾向も