“コロナ運ぶな”ドライバーへの暴言に運輸労連「職業差別しないで。物流を止めないという使命の元働いている」

画像はイメージ

画像はイメージ

新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛となり、ネット通販を利用する人が増えている。物流業界は大繁忙期ともいえるが、運送を行うトラック運転手が「コロナを運ぶな」などと暴言を吐かれたという報道が4月上中旬、相次いだ。

現状について運輸労連・難波淳介中央執行委員長は、「すれ違いざまに罵声を浴びせられたといった報告は3月から4月上旬はありましたが、最近は落ち着いてきました」と話す。

「トラック運転手に除菌スプレーかける人はごく一部の人」