「満員電車が憂鬱」「ずっと在宅でよかった」テレワーク→通常出社に戻した職場に愕然

ずっと在宅で良かった……

ずっと在宅で良かった……

緊急事態宣言下では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためテレワークを実施する企業が多く見られた。満員電車に乗らずにすむし、苦手な上司と顔を合わせなくていいなどメリットを感じた人もいるだろう。

しかし宣言が解除された途端に出社を命じられ、コロナ前の働き方に逆戻りしてしまうケースもある。テレワークをしていたのにオフィス勤務を余儀なくされたキャリコネニュース読者からは、

「とにかく満員電車が憂鬱。マスクをつけない、ぺちゃくちゃしゃべるなどコロナがあたかも無くなったかのように振る舞う人が一定率の割合でいるので辛い」(40代男性、教育・保育)
「家でもできることを、わざわざ会社でする必要はない」(20代女性、事務・管理)

といった不満が寄せられている。

「感染の可能性もゼロではないので、ちょっと100%出社は、怖い」