マスク転売規制の廃止に「時期尚早」という声相次ぐ いまだ国産マスクは入手困難状態

国産マスクはいまだ品薄

国産マスクはいまだ品薄

マスクと消毒用アルコール製品の転売規制が近く廃止される。新型コロナウイルスは依然として収束しておらず、ネット上では廃止に反対する声が相次いでいる。

朝日新聞社などが報じたところによると、厚労省は7月31日、転売規制を解除すると発表。関係政令を改正し、8月にも実施するという。加藤勝信厚労相は同日の会見で「マスク、消毒液のいずれも供給量が大幅に増加している」などと語った。

マスクは今年3月ごろに買い占めが起き、ネットショップなどで高額転売が相次いだ。それを受け政府は、転売行為に対し、1年以下の懲役か100万円以下の罰金を科すとした。5月には消毒用アルコールも転売禁止にしている。

「品薄が改善したといっても並んでいるのは中国の謎メーカー製マスクばかり」