世帯年収1000~1200万円の生活「子どもの塾代と学費で年200万円。国からの支援もなくきつい」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

世帯年収1000~1200万円の生活「子どもの塾代と学費で年200万円。国からの支援もなくきつい」

「子どもの塾代と学費で年200万円」

「子どもの塾代と学費で年200万円」

年収8桁の大台、いわゆる1000万円プレイヤーを目標とする人もいるだろう。では”現役の年収1000万円世帯”は、自身の収入をどう感じているのか。愛知県の30代男性キャリコネニュース読者からは、

「妻と子ども2人の4人家族。税金はしっかりと絞り取られるのに、国の支援は対象外。完全に国からターゲットにされている世帯年収層だと思う。それに新型コロナウイルスが終息した後には、この世帯年収層を狙ったすごい増税もありそうで不安しかない。生活もまったくもって楽ではない」(メーカー系/世帯年収1000万円)

という声が寄せられている。高い税金で楽にならない暮らしに不満を持つ人がいる一方で、「食費は月10万円弱。オーガニック食材など、少しこだわることができます」(30代女性/神奈川県/IT・通信系/世帯年収1000~1200万円)という人もいる。引き続き、この女性の投稿を詳しく紹介しよう。(文:鹿賀大資)

「やっぱり手取りが多いのは夫婦共働き世帯」

女性は夫婦共働きで、2人の子どもを養っている。2人目の出産を機に、国産のSUVを一括購入。旅行は実家への帰省を含め年4回ペース。正月・盆・ゴールデンウィークに九州の実家に帰省するほか、年1回の頻度で沖縄や海外への家族旅行にも出かけるという。

そう語る女性だが「認可の保育園は入りづらく、保育園料も高い」と悩みもある。以前、役所に相談した際には「世帯年収1000万円を超えると、認可保育園に入るのはほぼ不可能」と言われたことを明かす。女性は現行の行政支援や累進課税制度のあり方に不満を募らせつつ、それでも

「一口に年収1000万円超と言っても、専業主婦世帯と夫婦共働き世帯では違う。やっぱり手取りが多いのは夫婦共働き世帯。だから私たちは、ゆとりがある方だと思う」

と自身の考えを綴っている。

「家賃30万円レベルなら、入居審査もすぐ通ります」

メーカー勤務の神奈川県の40代既婚男性は、高校生と大学生の子どもがいる4人家族で、世帯年収1100万円。「好きな車に乗って、たまに寿司や焼肉を食べられるのが幸せ」というが、

「子どもたちの塾代と学費で年200万円近くかかっていてキツい。国からの支援は何も受けていない。責任ある立場で仕事も頑張っているのに、家で発泡酒を飲むくらいしか日々の楽しみがない」

とこぼしている。

自営業者の都内在住30代既婚女性は、世帯年収1100万円だ。現在は家賃30万円弱のマンションに、夫婦のみで暮らしている。また自宅兼事務所のため、家賃の一部を経費として計上しているという。

「子どもがいないので、定期預金もそれなりにできています。あとは毎月先取りする形で投資に回しています。そこから残った分が生活費に。そこまで節約をしなくても生活費分は残るので、順調に貯蓄が増えています」

また、女性は「今のマンションの家賃レベルなら、入居審査もすぐ通ります」とも明かしている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」【募集】仕事を即行で辞めた人に関するアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1000万超の暮らし「レクサスは現金で一括購入」
年収800万円でも”子ども部屋おじさん”の40代男性
年収300万円の50代独身女性の叫び「政治家は底辺の生活を知らない」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ