世帯年収400~600万円の生活感「小遣いは月3~5万円。休日のラーメンに1万円、タバコに1万円使ってへそくりができない」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収400~600万円の生活感「小遣いは月3~5万円。休日のラーメンに1万円、タバコに1万円使ってへそくりができない」

休日はラーメン……

休日はラーメン……

世の年収400~600万円世帯の中には、現在の生活に「手詰まり寸前」と感じている人も少なくないようだ。キャリコネニュース読者からは、

「夫婦のみですが、贅沢は一切できないギリギリな生活」(40代既婚男性/東京都/正社員/世帯年収400万円)
「子ども2人。毎月の生活費をボーナスで賄っているので、今より減らされたらきつい」(30代既婚女性/山口県/正社員/世帯年収400万円)
「子どもが5人いて、お金が全然足りません。小遣いも2万円で厳しいです」(40代既婚男性/千葉県/流通・小売系/世帯年収600万円)

といった声が寄せられている。ほかのキャリコネニュース読者の声も見てみよう。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「本当はマイホームが欲しくても、アパート暮らしから抜け出せずにいます」

大阪府の30代既婚男性(流通・小売系)は、世帯年収400万円で子ども2人を育てており、「ボーナスを切り崩していかなければならない」という。現在の家計状況についても、毎月が赤字なことから「貯蓄ができない」ともらしている。

「水道光熱費の高い地域です」と語るのは、福島県の40代既婚女性だ。夫婦と子ども2人の家族4人で、アパートに住んでいる。子どもの食費がかさむことから、女性は1日6時間勤務のパートに週5日出ているという。

「それでも貯蓄はほぼできておらず、贅沢する余裕さえありません。地方のため、車は一家で1台必要。こんな状況なので、本当はマイホームが欲しくても、アパート暮らしから抜け出せずにいます」

「万が一のことも考えないといけないので、できるだけ貯蓄するようにしている」

同じく福島県の40代男性(サービス系)は、世帯年収600万円。妻と大学に通う子どもの家族3人で暮らしている。学費などの支払いが大変なのか、自身の小遣いについて、

「毎月3~5万円の範囲。休日に行くラーメン代が1万円、それにタバコ代で1万円、残りは漫画とかで使ってなくなり、へそくりができない……」

と打ち明ける。

千葉県の30代既婚男性(不動産・建設系)は「万が一のことも考えないといけないので、できるだけ貯蓄するようにしている」と語る。現在は世帯年収550万円だが、「住宅ローンや子どもたちの養育費、ペットにかかる費用などをトータルで考えると、決して"余裕の暮らし"とは言えない」ともらす。

ほかには、

「子ども2人です。怠け癖があるため、背水の陣で頑張れています」(30代既婚女性/京都府/パート/世帯年収450万円)

とカツカツな生活状況に、自らを奮い立たせる声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」などのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円の40代男性「普段はユニクロで十分だが、お出かけ時は割引品のノースフェイス」
「妻が働かない。離婚したい」世帯年収800~1000万円、家族関係に不満がある人の声

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ