「従業員に最低賃金しか払えない会社が多すぎる」 年収330万円、30代独身男性の嘆き | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「従業員に最低賃金しか払えない会社が多すぎる」 年収330万円、30代独身男性の嘆き

「節約しなければいけませんね」

年収300万円台、あるいは世帯年収300万円台の20~30代のビジネスパーソンは、現状に対してどのような心境を語るのだろうか。キャリコネニュースには比較的、独身者からの投稿が多く届いている。

20代前半の独身者からは、

「奨学金の返済が少々キツイ」(男性/千葉県/不動産・建設系/年収300万円)

「海外旅行をするお金がありません」(男性/北海道/IT・通信系/年収350万円)

といった声が寄せられた。

続いて、20代後半の独身者たちの声を紹介する。(文:鹿賀大資)

「地方の中小企業になるため、平均年収には届かないと諦めている」

大阪府の女性は年収300万円のメーカー勤務。「生活に割と余裕はある」「並みにもらえている」と感じているが、これからの結婚や出産などを考えると、今から「節約しなければいけませんね」と書いている。ちなみに家庭を築いても「趣味の旅行は続けたい」そうだ。

長野県の男性もメーカー勤務で、こちらは年収350万円。「地方の中小企業になるため、平均年収には届かないと諦めている」とこぼす。目下のところ給与に不満を募らせており、「首都圏ほどは望まないが、もう少しベースアップがあってもいいのに」と書いている。一方で職場環境については、

「定時付近で退社できたり、精神衛生を害する面倒な人間関係もほぼなかったりする点には不満なし」

と満足そうだった。

「とてもじゃありませんが、結婚など考えられないです」

静岡県の30代独身男性(年収330万円)は現在、流通・小売系の会社で働いている。以前の勤め先では「年収500万円ほどあった」が、「経営者が会社のお金を横領しているため退職しました」と説明する。

再スタートで給与が下がることは「一般的」と受け止めつつも、男性は「私的には、社員に最低賃金しか払えない会社が多すぎると感じています。そのため、とてもじゃありませんが、結婚など考えられないです」と嘆いていた。

長野県の既婚男性(商社系)からは、

「共働きで世帯年収350万円。子どもは2人います。はっきり言って余裕ありません。毎月がギリギリの生活です」

という声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」オンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収550万円の30代女性「夫は一日1箱のタバコと、500ml 缶3本分のアルコールは減らせないとのこと。私は食費も削ってるのに」
世帯年収1800~2000万円のリアル「普段はユニクロ、2~3年は同じものを着てる。車は530万円で中古車を一括購入」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ