「年収1000万円あれば、もっと贅沢できると思っていた。成城石井でパンを買うくらいならできる」と語る50代男性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「年収1000万円あれば、もっと贅沢できると思っていた。成城石井でパンを買うくらいならできる」と語る50代男性

成城石井のパン

成城石井のパンは美味しいですが……

普段、世帯年収1000万円を目標にして働いている人もいるだろう。しかし、実際は世帯年収1000万円超えでも"不満ゼロ"とはいかないようだ。

世帯年収1100万円の40代後半男性は、現状に「おおむね満足している」と言いつつ、

「税金は高いし、教育費の支援はゼロ。共働きで稼ぎがいいだけなのに。行政に対する不満は多々ある」(新潟県/その他/正社員/既婚・子ども1人)

ともらした。高年収の子持ち世帯では、やはり教育費の負担がネックとなるようだ。今回は、世帯年収1000~1200万円のキャリコネニュース読者から寄せられた「今の生活に対する不満」を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートも実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「買いたいものは吟味していいものを買うようにしています」

大阪府の50代前半男性(その他/正社員)は独身で、年収1100万円。普段の生活について「ほぼ自炊。車も買わず、築30年超えの中古マンションに住んでいる」と明かす。

「年収1000万円もあれば、もっと贅沢できると思っていた。成城石井でパンを買うくらいならできる」

年収1100万円の独身男性の贅沢が「成城石井のパン」とは、ちょっと切なくなってしまう。

メーカー正社員として働く、愛知県の50代後半男性は年収1100万円だ。既婚だが同居の子どもはおらず、「買いたいものは吟味していいものを買うようにしています」と語る。また、「不動産も4軒所有しています」と言うが、

「日本はマンションの場合、税金や管理費などが高い。買うのは一時でも、ランニングコストがかかる」

と不満を吐露した。不労所得のイメージがある大家業も簡単ではないようだ。

「子どもたちに習い事はさせてあげられているが、外食は月に1回程度」

支出のかさむ子持ち世帯では、年収1000万円以上でも余裕のある生活は実現しにくい。愛知県の30代女性(金融・保険系/正社員)は、世帯年収1000万円で3人の子どもを育てているが「裕福な生活はしていない」と打ち明けた。

世帯年収1000万円の40代前半男性(東京都/メーカー系/正社員/既婚・子ども2人)も「生活では贅沢はできない」と嘆く。

「子どもたちに習い事はさせてあげられているが、外食は月に1回程度」

また、都内で3人の子どもを育てる40代後半男性(その他/正社員)は、世帯年収1200万円。「税金が増えて、給料が上がった気がしない」と体感を綴る。

「子どもの教育費が心配で、奥さんがパートに走ってます」

世帯年収1000万円を超えても、庶民的な生活から抜け出すのは難しいようだ。

※アンケート概要
■実施期間
2020年10月26日~
■回答数
1906 ※8月18日時点
(記事では、2021年6月28日から7月18日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/6FE3D7NZ
■質問項目
・現在の世帯年収でどのような生活を送っていますか? 満足している点、不満な点、エピソードを教えてください。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ