「まさか自分が“年収200万円いくかいかないかの人生”になるなんて……」非正規30代女性の嘆き | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「まさか自分が“年収200万円いくかいかないかの人生”になるなんて……」非正規30代女性の嘆き

画像はイメージ

「やっぱり最低でも手取り20万円は欲しい」

キャリコネニュースにこんな本音を寄せたのは、正社員で20代後半の男性(岩手県/その他/未婚/年収200万円)だ。男性は手取り15万1000円で、

「自分1人で生活するだけで精一杯。車検やアパートの保険などの出費があると完全に赤字。旅行や趣味に時間を使いたいけどなかなかできない。恋愛もしたいけどできない」

と嘆いた。手取りの少なさを嘆く人はほかにもいる。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「心に余裕が欲しい、手取り25万円あれば死にたいと思わない」

IT・通信系の会社で働く30代後半の女性(千葉県/契約社員/未婚/年収200万円)は、

「コールセンター内でアポインター管理や諸々雑用係の事務員をしています。手取り16万円、非正規雇用のためボーナスほか手当なし。人生詰んだという想いしかない」

と切実な胸の内を明かす。

「まさか自分が年収200万円いくかいかないかみたいな人生になるなんて想像していなかった。悲しすぎる。結婚や出産をして子どもを育てるという当たり前であろう選択肢も容易に考えられないし、自分のことで精一杯。老後のことどころか5年先のことすら恐ろしすぎて考えたくない。救いは死くらいとすら思えるほど思い詰めてます。心に余裕が欲しい、手取り25万円あれば死にたいと思わない」

女性の理想とする手取りまで、あと9万円が足りない。せめてボーナスや手当の出る会社に転職できれば、生活苦も少しは緩和されるだろうか。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ