夏のボーナス、エンジニアの場合「去年は170、今年は260万ぐらい。使い道は結婚式費用」と20代男性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

夏のボーナス、エンジニアの場合「去年は170、今年は260万ぐらい。使い道は結婚式費用」と20代男性 

イメージ画像

画像はイメージ

キャリコネニュースでは「夏のボーナス」をテーマにアンケートを実施中だ。その金額は業種によっても大きく異なるが、なかでも「エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)」の読者から寄せられた回答は高額なことが多い。岩手県に住む20代後半の男性からは

「支給が150万円で去年と変わらなかった。ここ数年は高額を維持しているが、いつ減るかがわからないため、日頃の業務で成果を出し続ける必要がある。ボーナスの使い道は、結婚式費用」(正社員・職員/年収1000万円)

とおめでたい報告が届いた。

※キャリコネニュースでは「夏のボーナスいくらですか? 2022」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/5WFVGPWJ

「美味しい食と酒でリフレッシュし、趣味を充実させる予定」

神奈川県に住む30代前半のエンジニア男性も、結婚費用に使うことを打ち明けている。

「昨年は110万。今年は153万。ボーナスは高い評価をいただいたため、去年より高くなりました。使い道は結婚式と前撮りの費用です。貯蓄に残すことは難しい見通しです」(正社員・職員/年収850万円)

同じく神奈川県に住む20代後半のエンジニア男性は、

「去年夏は170、今年夏は260ぐらいの予定。COVID-19の特需の影響と個人業績がほどほどだったのが影響したと思われる」(正社員・職員/年収750万円)

と大幅アップの理由を綴った。使い道については「COVID-19の影響で業務的にも精神的にも過酷だったので美味しい食と酒でリフレッシュし、趣味を充実させる予定。あとは来年以降の税金が怖いのと情勢が見通せないので貯蓄と投資へ」として、消費にも貯蓄にも余裕をうかがわせた。

そのほかエンジニアからは、順調に住宅ローンを支払っていそうな声が寄せられた。

「昨年は118万円だったのに今年は135万円。会社の増収増益及び給料査定UPにより増えた。仕事内容に対しては妥当だと思う。住宅ローン、貯蓄などに使用予定」(栃木県/男性30代後半/正社員・職員/年収1000万円)
「昨年と変わらず183万円。住宅ローン、自動車ローン、貯蓄、旅行。ここ数年、変化がないので特別に思うことはないが、業績が好調な結果なので業績が悪くなった時の事を考えたくない」(埼玉県/男性40代後半/正社員・職員/年収1100万円)

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ