コロナ禍の出張で大事なことは? 日本「目的達成」、世界「自分の身の安全と健康」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

コロナ禍の出張で大事なことは? 日本「目的達成」、世界「自分の身の安全と健康」

出張についての調査

出張についての調査

出張・経費管理クラウドを提供するコンカーは11月16日、「出張」について国際比較調査の結果を発表した。調査は6月にネット上で実施し、事前調査で「年に3回以上出張に行く」と回答した日本、アメリカ、中国など23地域の4850人から回答を得た。

出張における"ニューノーマル"になりそうなものを聞いたところ、最多は「マスクの着用」(54%)だった。以降は「体温測定」(52%)、「ソーシャルディスタンス」(47%)などが挙げられ、国内外を問わず、新型コロナウイルスの影響で日常となった習慣がそのまま「出張におけるニューノーマル」として定着していくと考えている人が多かった。

出張に行くとしたらどう思う? 日本では「楽しみ」という回答は17%のみ

「次に出張に行くとしたらどのような感情になるか」と聞くと、世界平均では「楽しみだ」(32%)といったポジティブな反応が2番目に多く、3人に1人を占めた。

一方、日本で「楽しみだ」という人は17%。「心配だ」(41%)、「不安を感じる」(38%)というが上位に挙がった。一番不安に感じることを聞くと、最多は「自分が体調不良になること」(60%)だった。以降は「家族にうつしてしまうこと」(56%)、「周囲の人が感染しているかどうか分からないこと」(47%)と続く。

また、出張に行く際に一番重要だと思うことは、世界平均では「自分の身の安全と健康(38%)が最多だった。一方、日本では「出張の目的が果たされること」(32%)が最多で、世界平均の2倍の回答率だった。

前年の調査でも、最多は世界平均では「自分の身の安全と健康」、日本では「出張の目的が果たされること」と回答傾向はきれいに分かれており、同社は

「新型コロナウイルス流行下でも『出張の目的が果たされること』が『自分の身の安全と健康』と並んで大事だと考える日本人の生真面目さが伺えます」

と分析している。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ