「夫のテレワークにうんざり」に反響、解決策は?「部屋数の多い家に引っ越した」「夏からパートを始めた」 | キャリコネニュース - Part 2
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「夫のテレワークにうんざり」に反響、解決策は?「部屋数の多い家に引っ越した」「夏からパートを始めた」

トピック内に寄せられたのは共感の声だ。配偶者のテレワークに苦労している人は意外にも多い。

「予告なしで会議始まったり、それがカメラありだと知らず洗濯物や私がうつってたり(泣)電気代上がってるし」

物音を立てないように、ウェブ会議の邪魔をしないように注意する必要がある。自宅は最もリラックスできる空間であるが、いろいろなことに気を配りながら生活をしなければいけないのはしんどいだろう。

「友達の旦那さんはホテルに連泊してリモートワークしているよ」

テレワークができるということは、なにも無理に家で仕事をする必要はない。ホテルをはじめ、最近は仕事可能なカラオケボックスも出てきているため、週に数回は家以外の場所で仕事をしてもらうよう話してみてはどうか。

とは言え、いろいろな事情があるだろうから「うちの旦那はかれこれ1年以上テレワークだから、昨夏からパート始めました!」といったコメントがあるように、自分自身が外に用事を求めるのもまた良い対策になりそうだ。

「昼休みの散歩とトイレくらいしか出てこない」という家庭も

リモートワークのストレスを大胆な方法で解消した人もいる。

「これがありそうだったので引っ越しました。予算そのままで部屋数増やしてプライベートを確保しやすくした。リビングは狭くなったけどね……」

新型コロナウイルスが終息しても、テレワークを継続するビジネスパーソンは一定数いるだろう。先を見越して部屋数の多い家に引っ越せば、無用な喧嘩を減らすことができる。

「仕事用にした部屋に弁当持って『出勤』してるから、昼休みの散歩とトイレくらいしか出てこないし」
「引っ越しではないけれど、寝るだけだった寝室に、テレビとかラグ、机、クッション等置いて、サブリビングを作りました。どちらかが避難するのに凄くいいです」

引っ越しは金銭的に難しいという人は、家の模様替えに挑戦してみてはどうか。仕事部屋やリビングを設け、互いの仕事やプライベートを邪魔しない空間を作るだけでも、パートナーにイライラすることはなくなるはずだ。

時代に合わせて働き方だけでなく、家の過ごし方も変えていく必要があるのは言うまでもない。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ