朝6時半~21時の仕事、絶叫朝礼、謎の給与ルール… 大手引越し業者で体験した「ブラック」な話 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

朝6時半~21時の仕事、絶叫朝礼、謎の給与ルール… 大手引越し業者で体験した「ブラック」な話

もう限界だ…

もう限界だ…

新卒で就職した、その出社初日に「定時は8時だけど、朝6時半に来て」と言われたら、かなりのヤバみを感じて、背筋がヒヤリとするかもしれない。今日は、キャリコネニュースに届いたそんな声を紹介する。(文:中島雄太)

体験談を投稿してくれたのは、とある30代の男性。

「新卒で入社した会社の話です。私は新卒入社で某大手引越し会社に営業職として入社しました。決め手は基本給が他企業より高かったことと、説明会で先輩達が『仕事をとってきたらその分給料は増えるし残業もほとんどない。あっても1時間くらいで休みもしっかり取れるからプライベートを充実』と言っていた事でした」

「しかしそれが間違いでした。まず初日の入社時間の指定が6時半でした。定時は8時からでしたので、なぜこんなに朝早く行くのかわかりませんでしたが……」

男性は続ける。

「その時間に配属先に行くと雑巾を渡され『まずは掃除だから』と言われました。会社内の案内も無く、まず30分ほど社内の掃除をやらされました。周りの先輩達も掃除をしており、これが朝のルーティンのようでした」

「その後朝礼が始まりましたが、その朝礼もかなり異様でした。一人一人が社訓や営業心得などを大声で絶叫し始めたのです。朝礼で叫ぶ内容は決められており、一語一句全て暗記しなければなりませんでした。間違えると上司から『違う!』と怒鳴られ、また初めから始めなければなりませんでした」

いかにもな、ブラック企業エピソードだ。

その後始まった研修で、男性は「衝撃的」な営業マンの現実を思い知らされたという。

「(営業マンの1日のスケジュールには )『出社時間は6時半、退社時間は21時、お客様を待たせない為に休憩は10分以内』と書かれていました。意味がわからず、なぜこんなに退社時間が遅いのかと聞くと『エリアが広いため支社に帰ってくる頃には20時過ぎになる。そこから事務処理をすると大体この時間になる』と言われました。休憩時間に関しては『休憩してる間に競合他社に仕事を取られたらどうするんだ』とのこと。もうこの時点でまずい会社に入ってしまったと思いました」

入社前の話とまったく違う。まずいというか、「もうアカン」と言いたくなる。

「研修がひと段落すると次は電話対応に慣れる為にと言われ、電話前に座らされました。電話は3コール以内に出るようと言われ従っていました。何本か電話をとった後に昼食を取ることになり、その場でお弁当を食べていました」

昼食の時間も油断できない。男性が自分の携帯電話を眺めていると……。

「すると上司が私のところに来て『お前が持つべき電話はこれだろ?手を出せ』と言われ、社内電話の受話器にガムテープで手を固定されました。電話が来たらすぐに出るようにと言われ、昼食を食べていようが出るように言われました。トイレに行きたくてもガムテープで手を固定されている為行くことができませんでした。惨めで辛かったです』

これが初日の話。結局、研修期間中は毎日同じような繰り返しだったそうだ。

「1ヶ月後に初任給が入りましたが明細を見て驚きました。基本給が8万円と記載されていたのです。そこに謎の『最低保証手当』と言うものがついて、求人票に載っていた給料となっていました。残業代も基本給計算の為1時間500円ほど。バイト以下です。聞くとこの会社の給料形態は基本給+営業手当+残業代でそれを全て足しても求人票の給料に届かなかった場合は『最低保証手当』 というものがつき、最低でも求人票記載の給料は保証するというものでした。最低保証で給料をもらっている先輩も多くいました」

詳細はわからないが、こんな謎ルールからは、ダメな感じしか漂ってこない。

「その後1ヶ月後に営業に出るようになったのですが、なんと移動手段は自転車。車が足りないから私は自転車で行けとのこと。その日から退職する日まで私は毎日自転車で営業に行く事になります。エリアはとても広く、1日の移動距離は50キロ以上でした」

仮に自転車の平均時速が15キロだとして、1日3時間以上も自転車を乗り回す計算になりそうだ。気候によっては、それだけでもクタクタになるだろう。

「また残業は当然のように毎日あり、月の残業時間は120時間ほどでした。連日の残業による疲労と自転車移動での体力の消耗で毎日フラフラで、体重も入社してから5キロほど落ちてました。睡眠時間も十分に確保できない中さらに私を追い詰めたのは月一のブロック別朝礼です」

過労死ラインを超える残業、そこに「追い打ち」がやってくる。

「この会社はブロックごとに区切られており、私の所属するブロックには8支社ありました。月に一度この8支社のうち一番大きい支社で朝礼を行うのですが、開始時間がなんと朝5時30分から。私のいる支社から目的地の支社へは車で1時間ほどかかる為、4時過ぎには家を出なければならない状態でした。当時の退社時間はだいたい22時頃で、その6時間後にはまた家を出なければいけませんでした。 そんな毎日を繰り返していると、ある日お客様の家から出て階段を降りている際に目の前が真っ暗になり、気がつくと階段踊り場で倒れていました」

ついに限界がやってきた。

「時間にして30分ほどでしたが、この時に『もう限界だ』と思い退職しました。大手企業でも中身は真っ黒だと思いました」

こうやって退職した男性だが、その後無事「一般企業」に就職できたようだ。

「その後しばらく休み、無事普通の会社に勤めています。昼休みが取れることが衝撃でした。辛い日々でしたが当時に比べれば何事も乗り越えられると思うようにしています」

※アンケート概要
■実施期間
2019年12月19日~
■回答数
724 ※7月28日時点
(記事では、5月15日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/G42CZUHP
■質問項目
・体験した「ブラック企業」エピソードを教えてください。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ