体調不良で休む妊婦に「家で仕事してください。あなたのせいで皆が迷惑してます」と連絡するブラックな職場 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

体調不良で休む妊婦に「家で仕事してください。あなたのせいで皆が迷惑してます」と連絡するブラックな職場

「家で仕事してください」と言われ…

「家で仕事してください」と言われ…

ブラック企業はいまだに存在する。キャリコネニュースにはさまざまなブラック企業体験談が寄せられているが、その中から福島県の30代女性の体験談を紹介する。

(文:コティマム)

※キャリコネニュースではブラック企業体験談を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HQI6E1OV

退職を伝えると、PCR検査の代金「本来は職場負担だったが払ってくれ」

医療・福祉の現場で有期雇用として働くことになった女性だが、勤務直前に妊娠していることがわかった。

「(入社予定の)職場の上司に伝えると『おめでとう』と言ってくれた。『妊娠しているから、体力の使う仕事はきついだろうから、事務関係の仕事をしないか?』と言われ、切迫流産にもなっていたため、気乗りはしなかったが迷惑はかけられないと思い、事務仕事を始めた」

入社直前の妊娠にも柔軟に対応してくれたように思える職場だが、実際に働いてみるとブラックぶりが明らかになった。

「たいした指導もなく、毎日残業。休みの日は電話が鳴り、自宅で仕事。ゆっくり休めず体調は悪化。妊婦健診で診断書をもらい休むことになり、連絡すると『家で仕事してください。あなたのせいで皆が迷惑してます』と言われる」

「さすがに頭にきて『退職させてほしい』と話したら、入職前に職場から頼まれてやったPCR検査の代金を『本来は職場負担だったが払ってくれ』などなど、何かと理由をつけて色々と金銭要求してきた」

辞めたい女性に対して不当な金銭要求をしてきた会社。しかし会社の仕打ちはこれだけではなかった。

「しまいには、(私が)事務職を始めた時に『(私を)その職場の責任者として市役所に届け出てるから、退職は認められない』とまで言われた。労基や弁護士など、色々相談しながら対応したが結局退職できず、寮費や社会保険料などなどとられていた」

「職場から裁判を起こすようなことを言われ、脅された」

さまざまな理由をつけて退職を拒否され、お金まで取られていた女性は、「労基から『払う必要ありません』と言われたものに対しては、『払いません』と言い続けたら、職場から裁判を起こすようなことを言われ、脅された」という。

それは脅しだけで済んだようだが、その職場は女性が入社する前にも複数のスタッフが損害賠償を請求され退職していたという。女性が聞いたところによれば、ある態度の悪いパート看護師を「皆で結束して、精神的に追い込んだ」という言いがかりのような理由だったそうだ。

【PR】注目情報

関連記事

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ