家計を圧迫する教育費「個人塾でも中学校3年間で230万円。都内なので全然足りない」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

家計を圧迫する教育費「個人塾でも中学校3年間で230万円。都内なので全然足りない」

子どもの教育費、習い事で生活はギリギリ

子どもの教育費、習い事で生活はギリギリ

キャリコネニュースで世帯年収をテーマに読者からの投稿を募集している。子育て世代からは「塾代にお金がかかる」という声が数多く寄せられた。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「塾代を考えると気が重い。外食でアイス1つ頼むのもためらう」

都内の30代前半女性は、世帯年収700万円で2人の子どもを育てている。

「子どもが小さいので専業主婦ですが、都内なので全然足りない。普通の都立高校受験のための個人塾でも中学校3年間で230万円。足りなくて貯金が増えないので、下が幼稚園に入ったらパートします」

と綴っていた。3年間で230万円だと単純計算で1か月6万4000円ほどになる。高い印象だが個別指導塾ならありえる額だ。

世帯年収650万円の京都府の40代後半女性(不動産・建設系/正社員/子ども2人)も、

「貯金はできず、子どもたちの塾代とかにお金が飛んでいく」

と嘆く。

塾代の捻出に頭を悩ませる子育て世代は、世帯年収に関係なく存在しており、

「子どもの教育費、習い事で生活はギリギリです。受験も検討したいが、塾代を考えると気が重い。外食でアイス1つ頼むのもためらう」(世帯年収1100万円/東京都/40代前半男性/IT・通信系/正社員/子ども1人)
「一番上の子が小学4年生のときからパートに出た。とにかく塾代がかかるが、夫は出したがらず、自分が稼ぐしかないと感じた」(世帯年収1700万円/神奈川県/50代後半女性)

という声も寄せられていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ