「結婚報告すると遠回しに『辞めてほしい』と言う社長」 退職を意識した瞬間 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「結婚報告すると遠回しに『辞めてほしい』と言う社長」 退職を意識した瞬間

画像はイメージ

長時間労働やパワハラ上司など、仕事をしていると理不尽な目に遭い、辞めたいと思うときもある。キャリコネニュース読者からは「会社を辞めたい」と思った瞬間について、

「アルバイトなのに定時に帰らせてもらえず、納期が近いからとほぼ強制的に残業させられた時」(30代女性/クリエイティブ職)

など様々な声が寄せられている。(文:コティマム)

※キャリコネニュースではアンケート「会社をやめようと思ったエピソード」を実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/EYERWBZ9

「昼休みなんて、あってないようなもの」

仕事の無茶ぶりやサービス残業、上司からのパワハラなど、会社を辞めたくなる瞬間は多岐にわたる。

「人間関係。メールでのパワハラ発言。バカアホ等。耐えるにたえないので」(40代男性/営業職)
「朝サビ残、定時までノンストップ作業!昼休みなんか、あってないようなもの!」(30代男性/技術職)

こうした職場に居続けると、体力面だけでなく精神面も追い込まれてしまう。

「特別休暇を使用する際、社長が急に態度を変え……」

技術職(建築・土木系)の20代男性は、社長の態度に嫌気がさしている。

「不幸事で特別休暇を使用する際、社長が急に態度を変え悪態をついた時。社長に『結婚して通勤距離が長くなる』と報告しに言った際、ケラケラ笑いながら遠回しに『会社やめて欲しい』と言われた時」

社員を大切にできない社長のもとに、長く居続けようとは思えないだろう。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ