手取り17.5 万円の30代女性「毎日起きてる間ずっとお金のことを考えていて辛い」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り17.5 万円の30代女性「毎日起きてる間ずっとお金のことを考えていて辛い」

画像はイメージ

転職活動しようにも交通費すら惜しくて身動きが取れない、という生活を送っている人もいる。キャリコネニュースの「手取り20万円以下の人」をテーマにしたアンケートに、ある30代の女性から

「毎日起きてる間ずっとお金のことを考えていて辛い」

という書き出しの投稿が寄せられた。(文:okei)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

転職サイト登録しても「3K求人やスキルに見合った給与が貰えない求人しかオファーは来ない」

埼玉県に住む女性は、独身で30代前半。メーカー系(素材・医薬品他)の企業で契約社員として働いている。月の手取りは17万5000円、年収およそ250万円だ。自身の収入額に強い不満があるようで、

「足りないからあれを削ってこれをやめて、欲しいものは極力諦めて、ポイントをもっと貯めて、治験に参加して、転職活動をして、今よりお金が欲しい、何故なら給与がスキルに見合ってないから。生活出来ないから。実家を出て普通に暮らしたいから」

と叫ぶように綴っている。周囲にこうした不満を漏らしたり昇給を懇願したりしたことがあるのか、「ただそれだけなのに、まるで高望みしてるかのように冷たくあしらわれる」と苦しい心情も付け加えた。

また女性は、常に転職を考え転職サイトやエージェントに登録をしているのだろう、

「言い方は悪いが、3K求人やスキルに見合った給与が貰えない求人しかオファーは来ない。辛い。転職活動するにも交通費だけで往復1000円。どうしてそれを片道だけでも企業が負担してくれないのか」

と厳しい状況を訴えていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ