派遣から正社員、手取り15万円→12.5万円になった30代女性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

派遣から正社員、手取り15万円→12.5万円になった30代女性

画像はイメージ

せっかく正社員として雇われても、収入がガクッと下がれば気持ちは萎える。キャリコネニュースの手取り額をテーマにしたアンケートに、そもそも手取り20万円以下の派遣社員だったが、正社員になってさらに下がったという切ない声が届いた。

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

専門職の派遣でようやく手取り15万になった所だったが

大阪府に住む30代後半の女性(未婚/その他/正社員・職員)は、「手取り12万5000円、年収およそ200万円」と回答。しかしこの年収は「ボーナスが出れば、だが、どう考えても厳しい」と肩を落とす。

女性は「(昨年の)年度末に派遣契約を切られ、就活しまくって『本来、大卒は雇わないんだけれども』と言われたが、拝み倒してどうにか、夏に正社員として採用してもらえた」と明かす。ただ、正社員といっても手放しで喜べる状況とはいかなかった。

「専門職の派遣でようやく手取り15万になった所だったが、正社員として採用してもらえた事務職は就労時間が一時間増えて手取りは10万に減少。月給制なので、『最低賃金が上がりました』とかいう貼り紙を見てもただ虚しさだけが募る」

回答は12万円台だったが、残業代込みの金額だろうか。いずれにしても十分とは言えない額で、最賃アップの情報にも苛立ちを隠せない女性。「氷河期後期なので、年齢的にも経済的にも結婚は難しい」と諦念で締めくくった。

結婚したいと思った相手もいた

このほか、30代前半の独身女性(流通・小売系/正社員)は、「勤続年数13年で主任をやっているが手取りが低い」と不満をもらす。手取り月13 万円、年収およそ200万円と回答しており、

「実家にいるので生活費を両親と折半しているが、親がいなくなったら生活が出来ないし貯金もまともに出来ない。結婚したいと思った人もいたが金額面でどうしても頼ることになり難しいという話になった。せめて手取り15万くらいあれば…と思ってしまう」

と、辛い過去やささやかな希望を打ち明けた。結婚したくても、収入の低さがハードルの高さに繋がってしまうようだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ