旧帝大の院卒、年収1800万円の男性「私の職場では“最低限大卒レベルの知識”が身についていないと業務が出来ません」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

旧帝大の院卒、年収1800万円の男性「私の職場では“最低限大卒レベルの知識”が身についていないと業務が出来ません」

画像はイメージ

「学歴」に対する考え方は、自分が歩んできた道によって微妙に違ってくる。キャリコネニュースでは「学歴」をテーマにしたアンケートを行っているが、今回は「私の現在の職場で働くには、”最低限大卒レベルの知識”が必要」という男性の声を紹介する。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは学歴をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/K0DQY3O9

採用は修士以上「成果・昇格に関しては入社後の伸び代が求められます」

東京都の50代男性は北海道大学大学院卒。現在は正社員のITエンジニアとして通信キャリアの研究所に勤務し、年収は1800万円だ。男性の会社では、「採用は基本的に修士課程卒以上」だという。

「職種によっては『学歴がいらない』という場合もあるとは思いますが、私の職場では”最低限大卒レベルの知識”が身についていない事には、業務が出来ません」

大学で学ぶ知識が身についていなければ仕事にならないという男性の職場。そのためどうしても採用時に「修士以上」という条件がついてしまう。しかし男性は、

「学歴は”最低限に対する担保”でしかないので、成果・昇格に関しては入社後の伸び代が求められます」

と、入社後は努力や実績が重要になると語った。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ