「基本的に出社になってよかったことはない」エンジニア男性、リモートワーク終了で不満止まらず | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「基本的に出社になってよかったことはない」エンジニア男性、リモートワーク終了で不満止まらず

画像イメージ

画像イメージ

リモートワークと出社、どちらにも良い点・悪い点がある。両方の働き方を経験した30代・40代のキャリコネニュース読者の男性が、それぞれの実態とメリット・デメリットを教えてくれた。(文:永本かおり)

※キャリコネニュースでは「リモートワークが終了した人」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/64DKD62U

そもそも会社がリモート整備せず「全員出社することになった」

ITエンジニアとして働く40代後半の男性(神奈川県/年収1100万円)は、

「基本的に出社になってよかったことはありません」

と断言する。強いて出社してよかったことを挙げるなら「通勤途中にカフェに寄ったり買い物ができたりすることくらいです」として

「リモートワークは通勤のストレスや苦手な同僚と会うストレスから解放されますし、準備も含め通勤にかかっていた分の時間を何かしら別のことに使えるので圧倒的にメリットがありました」

とリモートワークに戻りたい気持ちがダダ漏れの意見を寄せた。

また、30代後半の男性(大阪府/エンジニア/年収550万円)は、出社してよかったことと、リモートワークの方がよかったことを、それぞれこう並べ上げた。

出社してよかったこととしては、

「装置メーカーなので、出来上がった装置や組み立て途中の装置を見に行ける」
「後輩への指導が楽になった」
「雑談がしやすくなった」

リモートワークの方がよかったことについては、

「周りの席の独り言がうるさくて集中できない」
「社食が栄養に偏りがあるから、自炊のほうが良かった」
「突然の上司の呼びかけがあり邪魔」

といったことを挙げていた。

男性は両者の働き方について優劣をつけていないが、「そもそも会社がリモートに対しての整備がきちんとしていなかったから、全員出社することになった」と不満げに綴っていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ