「パートなんか要らない」採用された後に聞いてショックを受けた女性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「パートなんか要らない」採用された後に聞いてショックを受けた女性

画像はイメージ

採用募集に応募し入社した後、内部で採用状況の連携が取れていなかったことに気付くこともあるようだ。パートの募集を見て申込みをしたという40代後半の女性(滋賀県/医療/パート・アルバイト/年収250万円)は、仕事に就いた後に起きたショックな出来事を打ち明けた。(文:永本かおり)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「当たり障りない話だけで採用していただきました」

女性は、面接について「仕事とは関係ない話や当たり障りない話だけで採用していただきました」と振り返る。実際、「面接では履歴書を見るだけ」で何も質問されなかったという。

しかし、入社後パート採用についてこんな事実を知ることになった。

「入職後に役職者が『パートなんか要らない』と話しているのを聞いてしまい、何で募集していたのか?とショックでした」

必要とされていると思って入社したのに、こんな話を聞いてしまったらがっかりするだろう。しかし、女性は

「採用していただいたことに感謝しつつ、現場で役に立てるよう頑張って現在も同じ職場で働けています」

と前向きに綴った。気持ちを切り替えて仕事に励むことで、本当に職場で必要とされるようになったのだろう。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ