面接後に「この会社はヤバいからやめた方がいい」と告げられた男性の衝撃エピソード | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

面接後に「この会社はヤバいからやめた方がいい」と告げられた男性の衝撃エピソード

画像はイメージ

面接で話される内容は「嘘も方便」といったこともあるだろう。その嘘はたいてい入社後に発覚するものだが、面接直後に情報が入ったという経験談が寄せられた。

東京都の50代男性(ITエンジニア、システム開発・SE・インフラ/正社員・職員/年収750万円)は、ある人物からとんでもない裏事情を暴露された。(文:草茅葉菜)  

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

面接の後に「話したい」と申し出てきた人は……

男性はとある会社の面接を受け、人事の面接官と一通り話を終えた。すると、先に転職した同じ会社出身の人が、面接の後に話したいと申し出てきたという。その人は、採用とは関係ない部署に所属していたが、二人になったところでこんな衝撃的な告白をされた。

「この会社はヤバいからやめた方がいい、今面接に出ていた同僚となる人は、現在1人でこの仕事をしており再来月辞める予定だが、後任がいないなら辞めさせないと言われている」

つまり面接をしてくれた社員は、自分が辞めるための交代人員を確保しようとしていたのだ。そんな話を聞いてしまった男性が家に帰ると、例の「再来月辞める人」から電話があり

「一緒に頑張りましょう」

と言われた。「何としても入れなければ」という気持ちが伝わる熱い語り口だったという。しかし男性はもちろん「お断りの連絡」をしたそうだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ