面接官の自慢話に困惑「自分の子は県内の一番頭のいい学校に通ってる。どこかわかる?」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

面接官の自慢話に困惑「自分の子は県内の一番頭のいい学校に通ってる。どこかわかる?」

画像イメージ

画像イメージ

面接は本来、応募者の話を聞く場だろう。しかし中には、面接官から関係ない話を延々と聞かされることもある。千葉県の40代女性(その他/年収100万円未満)は、「急に面接官の個人的な自慢話が始まる」と謎面接を受けた経験を語った。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「この俺様的な態度は入社後にさらにパワーアップしましたね…」

とある個人経営の工場の面接を受けた際、女性は「その会社の一番偉い方」と話をした。面接の内容自体は、これまでの職に関してなど普通だったというが、突如「面接官の個人的な自慢話タイム」が始まったという。

「自分の子供は県内の一番頭のいい学校に通ってる。どこかわかる?」
「若い時に大変な事故に巻き込まれて死にかけた」

どれもこれも「仕事には関係のない自慢話」を延々とされてしまったという。「正直返答にかなり困った」と綴る女性だが、その後は入社を決意。

「この俺様的な態度は入社後にさらにパワーアップしましたね…」

と呆れたように現状を綴った。従業員は勤務先のトップを無視できないのが辛いところだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ