配属ガチャで「サビ残100時間、パワハラ上司」を引いた男性 「同じ職場でこれだけ違うのか」と痛感 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

配属ガチャで「サビ残100時間、パワハラ上司」を引いた男性 「同じ職場でこれだけ違うのか」と痛感

画像イメージ

画像イメージ

近年、SNSで「配属ガチャ」という言葉を見かけるようになった。東京都の30代男性(素材・化学・食品・医薬品技術職/年収800万円)は、

「『ガチャ』という気軽な言葉で揶揄するなという批判も多いが…」

と自身の経験に基づく持論を語った。(文:草茅葉菜)

キャリコネニュースでは「配属ガチャについて思うこと」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/XBP0NVJA

「自分の部署はサービス残業が100時間以上、パワハラ上司だった」

男性は、新人の配属は「実際にアタリ・ハズレが存在する」と綴る。そして

「当人にとっては重要な問題であるし、言葉自体も実態を的確に反映しているいい言葉だと思う」

と「配属ガチャ」という言葉がもてはやされる現状に理解を示した。男性自身も以前働いた職場で、いわゆる「ハズレ」の部署と上司にあたったことがあったという。

「他部署の同期が残業自体があまりなく、残業しても残業代がきちんと支払われる部署、人当たりの良い大らかな上司だったのに対し、自分の部署はサービス残業が100時間以上、パワハラ上司だった」

と当時の苦しみを振り返る男性。「同じ職場でこれだけ違うのか」と痛感したことを綴っていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ