衝撃!ブラック→ホワイト企業への転職で驚いたこと「PCソフトの不正利用がない」「業務を抱え込むと心配される」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

衝撃!ブラック→ホワイト企業への転職で驚いたこと「PCソフトの不正利用がない」「業務を抱え込むと心配される」

ホワイト企業に転職後、働きやすさに驚く人も

ホワイト企業に転職後、働きやすさに驚く人も

ブラック企業に入ってしまうとこれが普通だと、感覚が麻痺してしまう人もいる。そのため、ホワイト企業転職してはじめて”働きやすい環境”を体感し、「ブラックと全然違う……」と驚く人も少なくはない。キャリコネニュース読者から寄せられたエピソードを紹介する。

管理・事務職の30代男性は、過去に在籍したブラック企業との違いを端的に語った。それは「タイムカードがある」「残業代や交通費が出る」「パソコンソフトの不正利用がない」といったことだ。

さらに現職では、業務を過剰に抱え込むと心配をされる、夏と冬のボーナスも支給されるという。以前はデスクで5分だった食事休憩も、今は長めに取れているそうだ。そして、社員の大半が子どもをもうけ、「マイホームとマイカーも所有していることに驚いた」と語る。

「新人だから早く出社、先輩より早く退社してはダメというルールもない」

管理・事務職の30代女性は、今の職場では「理由を言わなくても有休が取得できることにびっくりです」という。家族経営のブラック企業で働いていた時は、まったく違ったという。

「『有給は平日にどうしても銀行とかお役所に行くときに使うものよ』と言われた。お盆と年末年始に帰省する際も、『実家に帰るのは年1回にして、市場調査とかしたら?』って言われた」

管理・事務職の20代女性も、ホワイト企業に転職してから感じた環境のギャップを述べている。元勤務先であるブラック企業では、1時間前の出社を強要されており、「サービス残業は当たり前だと思っていた」という。しかし現在は

という。また、社長が始業の10分前に出社し、約8割の社員も20分前に出社していることにも驚いたという。

「あの頃とは、まるで違う人の人生のようです」

管理・事務職の30代男性は、以前の会社で退職の旨を告げると、本来あった3日間の夏休みの使用を拒否された。有休消化も断られた。連日、深夜に及ぶ仕事を振られ、それが最終日まで続いたという。

翌日から新しい職場だというのに、気持ちを切り替えることができなかった。不安が残ったまま、初出勤を迎えた。すると、

「転職先は『本来はあげられないんだけど』と前置きをしつつ、住民票などの提出物のためにと夏休み2日間を付与されました。有休も取りやすく、給料も上がりました。今は定期的に海外旅行にも行けてます」

という。男性は、「あの頃とは、まるで違う人の人生のようです」と綴っている。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ