年収400万円台のランチ事情「たまに外食しても800円が目安。1000円を超えると食べていてもなんとなく苦しくなる」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

年収400万円台のランチ事情「たまに外食しても800円が目安。1000円を超えると食べていてもなんとなく苦しくなる」

年収400万円台のランチ事情

年収400万円台のランチ事情

国税庁の民間給与実態統計によれば、給与所得者の平均年収は441万円。この年収400万円台の人たちは普段どのようなランチを食べているのだろうか。キャリコネニュース読者から寄せらた声を紹介する。

年収450万円の20代独身男性が「毎日外食したいが節約」というように、自分で作った弁当を持参する人からの回答が多く寄せられた。以前、年収300万円台のランチ事情を紹介した。その際、「年収450万くらいあれば毎日外食でもいい。今の年収なら毎日お弁当が妥当」という声が出ていたが、年収450万円であっても毎日外食は難しいようだ。

「家族で外食ならともかく、自分の食事にお金をかけたくない」

弁当を持参している人からの回答は、もともと外食より弁当が好きな人が多い印象だ。

「妻の弁当以外は食べる気にならない。忙しくて作れないときや、子どもの弁当が不要なときはカップ麺で十分。家族で外食ならともかく、自分の食事にお金をかけたくない」(40代男性/年収410万円/既婚)

この男性は、ここ10年以上仕事中に外食した記憶がないという。愛妻弁当を食べ続け、弁当がない時はカップ麺かコンビニで500円程度しか使わないという。仕事中のランチより、家族と外食することに重きを置いていることがわかる。

「お弁当の方が楽」だと語るのは20代独身女性。「ほぼ毎日お弁当を作れていて満足。昼に買いに出る必要もないので楽」(年収400万円)と、外食より弁当にさまざまなメリットを感じているようだ。彼女が外食するときは、

「たまに外食しても800円が目安。1000円を超えると食べていてもなんとなく苦しくなる」

という。

「月22日稼働として月間2.22万円のランチ代が気にならないくらいの年収がほしい…」

彼女のように外食について「お金がなくてできない」と、「外食を減らしてお金を増やしたい」という声が多く寄せられた。

「習慣で弁当を作っているが、余裕ができれば外食したい」(40代独身男性/年収440万円)
「普段は社員食堂の丼もの、麺類500~800円程度。できれば外食を減らして節約したい」(20代独身男性/年収450万円)

外食したい人と節約したい人…2つの回答は相反するようだが、どちらもお昼ごはんに不満がある点は共通している。30代既婚男性は、

「毎日外食だと出費がすごいので、基本的に週3日はお弁当にしている。月22日稼働として月間2.22万円のランチ代が気にならないくらいの年収がほしい…」(年収450万円)

と本音をこぼす。この男性は外食するとき、「できれば1000円に納めたいが、増税の関係から値上げが進んでいるので1100円が上限になるかな」と、外食するときの金額も意識している。

※キャリコネニュースでは引き続き「いつもランチは何を食べますか?」「あなたの世帯年収への不満を教えてください」に関するアンケートを募集をしています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ