新型コロナで際立つブラック企業の社長「他社が稼働していない今がチャンス。営業を回せ」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

新型コロナで際立つブラック企業の社長「他社が稼働していない今がチャンス。営業を回せ」

無茶いわないで……

無茶いわないで……

新型コロナウイルスが依然として収束する気配がない。しかし、このような状況にあっても、従業員の健康管理を顧みないのがブラック企業だ。製薬業界で働く30代男性のキャリコネニュース読者からは

「他のメーカーは活動を自粛しておりますが、うちの会社だけは説明会を含めてガンガンやるよう指示が出ています」

といった声が寄せられている。男性の職場では、一応社内では新型コロナに注意するよう求める文書を出しているものの、「社長をはじめとする重役たちは『他のメーカーが稼動していない今がチャンス。だから営業を回せ』と言っています」という始末だ。(文:鹿賀大資)

「上司の知り合いと無理矢理、お見合いさせられそうに」

WEB関連の仕事をする30代男性は「コロナウィルスのせいで全員の給料が10%カットされた」と綴る。そうした状況にもかかわらず、会社側は負債を借り換えるために、銀行からほぼ無金利で融資を受けているという。結果、利子分の返済はなくなった。それなのに、退職を強要される社員までいるとのことだ。

事務・管理職の30代女性は、前職にいた元上司について明かす。機嫌が悪くなると、手を付けられないほど怒鳴り散らすパワハラ上司だ。職場の人はみな、とにかく機嫌を損ねまいと言いなり状態だったという。

「上司の知り合いと無理矢理、お見合いをさせられそうになったことも。どうしても車で帰宅する必要があった日の飲み会で、お酒を飲ませようとしてきたり。いずれも断りましたが、その際に職場の人から『機嫌が悪くなるから逆らわないで!』と注意されました。理不尽すぎます……」

「社内外を問わず、精神的にも体力的にも追い詰められました」

サービス・販売職の30代男性は「とにかく社長から目をつけられたら最後。辞めるまで八つ当たりが続く」と打ち明ける。社長は、全社員が閲覧できる社内日報に小言を綴り、見せしめのように槍玉に挙げるという。パワハラは社長だけにとどまらない。

「ある先輩から『使えない』とクズ呼ばわりされ、指導という名の人格否定が横行。また、営業先へ向かうための社用車を少しでも擦れば、罰則として車は使わせてもらえません。片道4時間以上かけて、公共の交通機関で10時開始の営業先へ向かったこともありました。しかも移動時間は業務と見なされず、給与には反映されませんでした」

顧客にわたす資料などが膨大で、総重量30キロはある荷物を抱えての移動だったという。

「電車やバス内では周囲の人から白い目で見られました。社内外を問わず、精神的にも体力的にも追い詰められました。しかも退職願いを出した途端、ボーナスは一気に下げられ数千円程度に……。残業時間の削減で従来の定時勤務から急にシフトタイムへと移行され、給与まで減らされました」

男性は「2年ほど勤めましたが、本当に無駄な人生の時間でした」と心境を吐露している。

※キャリコネニュースでは引き続き「ブラック企業経験談」【新型コロナ】ドラッグストア・スーパーで働いている人の声募集に関するアンケートを募集しています

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ