「子どもを車に乗せて営業に行けと言われた」 30代シングルマザー、会社のコロナ対策で退職決意 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「子どもを車に乗せて営業に行けと言われた」 30代シングルマザー、会社のコロナ対策で退職決意

画像はイメージです

画像はイメージです

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下で職場がテレワークになったが、通常出社に戻ったという人も少なくはない。不満に感じている人は多く、キャリコネニュース読者からは、

「会社に行くことが仕事だと思っている世代には、さっさと退場してもらいたい」(30代男性/東京都/商社系)

といった声が寄せられている。IT・通信系勤務の東京都の30代男性も

「リスクは何も変わってないのに、通常業務に戻ることに納得がいかない。また、私の会社ではゲームアプリを自社で運営・制作をしており、ほぼ100%のデジタル業務。テレワークでも業務はとどこおることなく遂行できた。むしろ効率が上がった部分もある」

という。さらに男性は、

「それにも関わらず『緊張感を高めるために出社は必要。他の会社が出社しているのにウチだけ不公平』と言われた時はガッカリしかなかった」

と肩を落とす。愛媛県のフリーランスの30代女性もその一人だ。女性は元勤務先について「私は会社を退社したのですが、悲惨でした」と振り返る。(文:鹿賀大資)

「命の方が大切なので、会社の在り方や考え方についていけませんでした」

女性は、子ども抱えるシングルマザー。会社は緊急事態宣言に伴い在宅勤務に移行したが、「2日に1回は出勤しろ。子どもを車に乗せて営業に行け」と言い放っていた。それについて「体調の悪い小さな子を連れ出してまで営業は出来ません」と憤慨する。

「子どもを預けられないと遅刻か休みを取らなければならず、大変な思いをしました……。緊急事態宣言が解除されると何事もなかったような職場に戻っていました。マスクをしない社員が大半で、換気もせず、部屋を締め切ってのエアコンが当たり前。隣の人との間隔も以前と変わらずで、狭かったです」

女性は「働きにくかったです。命の方が大切なので、会社の在り方や考え方についていけませんでした」と退職に至った。

「感染者も接触歴も教えない会社に怒りしかありません」

IT・通信系の会社で派遣社員として働く福岡県の30代女性は、緊急事態宣言下における社内格差を綴る。当時、会社では在宅勤務を導入したが、対象者は一部の社員のみだった。その選ばれし者たちが週3日のテレワークをする中、派遣社員とパートは出社を命じられた。

「出社組には単身者が多かったせいか、マスクも付けない人がいました。また通常通りの密室での会議にも恐怖を感じました。そんな状況で、遂にオフィスの同フロア内に感染者が出たのです。会社から2週間自宅待機と連絡があったものの、誰が感染したのかは教えてもらえず……」

そのおかげで、「自分が接触しているのか」「感染者との席は近いのか」などもわからず、不安な日々を過ごしていた。

「不安も積り、小学生の子どもを学校に行かせることも出来ませんでした。これで感染していたら、学校で子どもがいじめられるのだろう、と自暴自棄にもなりました」

そうしたなか会社は急遽、自宅待機を予定より1週間前倒しで出社を命じたという。女性は「今すぐ退社したいと思いました」と綴る。

「もう出社したくありません。とはいえ実際に転職活動をして、年齢もありなかなか厳しいことも実感しました。在宅勤務をさせない上長、そして感染者も接触歴も教えない会社に怒りしかありません」

女性の不満は解消どころか、ジレンマとともに募る一方だ。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ