2020年の年間ゲームソフトランキング1位は「あつ森」 「リングフィット」「桃鉄」も上位に | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

2020年の年間ゲームソフトランキング1位は「あつ森」 「リングフィット」「桃鉄」も上位に

ポケモンやマリオも上位に

ポケモンやマリオも上位に

「ファミ通」は1月12日、2020年の国内家庭用ゲームソフト(パッケージ版のみ)とハードの売上速報を発表した。集計期間は2019年12月30日~2020年12月27日。

2020年の国内家庭用ゲーム市場規模は3673.8億円で、昨年対比112.5%となった。ハードが1856.6億円(同比116.4%)、ソフトが1817.2億円(同108.9%)で、どちらも前年よりプラスなるのは2017年以来3年ぶりだった。

トップ10の中で唯一PS4から「ファイナルファンタジー7リメイク」がランクイン

ハード市場で最も売れたものは「Nintendo Switch」で、2機種合計で595.7万台。2020年は発売から4年経つものの、過去最高の年間実績で、2019年の1.3倍となった。

2位は「プレイステーション4」(年間54.3万台)だった。なお11月に販売が開始されたプレイステーション5は短期間ながら25.5万台を売り上げた。

年間ソフトランキング1位は「あつまれ どうぶつの森」(Nintendo Switch/637.8万本)だった。3月の発売から、6か月連続で月間ランキング首位を獲得するなど、2位に圧倒的な差をつけた。

2位は「リングフィット アドベンチャー」(Nintendo Switch/159.1万本)がランクインした。自宅でも手軽に運動できることから人気を博したようだ。

3位は、根強い人気の「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」(Nintendo Switch/123.3万本)。4位は「ファイナルファンタジー7リメイク」(94.9万本)で、トップ10のうち唯一のPS4ソフトだ。

5位以降は「ポケットモンスター ソード・シールド」(89.2万本)、「マリオカード8 デラックス」(79.8万本)、「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」(56.0万本)、「Minecraft」(55.7万本)、「世界のアソビ大全51」(52.0万本)、「スーパーマリオ 3Dコレクション」(49.3万本)と続いた。

【PR】注目情報

関連記事

オンライン社員訪問で簡単に時給最低5,000円
年収UP確約転職

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ