東京暮らしはしんどい?「朝起きて自然と深呼吸できない。他人にドライな人が多い」などの声 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

東京暮らしはしんどい?「朝起きて自然と深呼吸できない。他人にドライな人が多い」などの声

イメージ画像

画像はイメージ

おなじ東京在住といっても、暮らしやすさの感覚は人それぞれだ。キャリコネニュースが「東京に住むのはしんどいですか?」と尋ねたアンケートに、こんな声が寄せられた。ある20代後半の男性(東京都/サービス系/年収600万円)は、東京の環境について

「開放感が得られない窮屈さ、朝起きて自然と深呼吸できない」

という息苦しさを挙げている。(文:okei)

※キャリコネニュースでは「東京暮らしはしんどい?」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/LYETI2M7

移住するなら「自然が多く、よそ者扱いされない場所」

また男性は、東京で出会う人たちとの距離を感じているようで、

「人口の割に人とのコミュニケーションの中で一期一会の心で接している人が少ない、あくまで他人には少しドライな距離感や警戒心を持たれている。色んな人が色んな目的をもって集まる街なので帰属意識が低いのは仕方がないこと」

と指摘している。自身もそれをドライに受け止めているのだろう。なお、「移住するならどこが良いですか?」という質問には、

「自然が多く、よそ者扱いされない場所、 短い人生の本当の優先順位が得られそう」

と回答している。

一方、「うちは先祖代々新宿生まれ新宿育ちなので地方の暮らしが逆にわからないです」と不服そうに語るのは、30代後半の女性(経営者/年収1500万円以上)だ。もちろん東京暮らしで、

「田舎もなければ親戚もみんな近所に住んでます。地方の人が東京に来てしんどいとか言うのなら早く帰って欲しいです。地方の人達ばかりでどこも混んでて嫌になります」

と語る。また移住についての質問には「どこにも移住したくないです。新宿から出たくないです」と断言していた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ