不倫夫の迷言「俺は浮気をしなければならなかった」 謎の上から目線に妻ウンザリ | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

不倫夫の迷言「俺は浮気をしなければならなかった」 謎の上から目線に妻ウンザリ

不倫相手とLINEしていて、続いていたんだとわかりました

世の中には平気で不倫する人がいる。ほんの出来心だったとしても、不倫された側は傷つき、打ちのめされる。キャリコネニュースには、

「6年間も裏切られていた。相手は会社の同僚。3回中絶していた」(60代女性)

など、パートナーの酷い裏切りに傷ついた読者からさまざまな体験談が寄せられている。(文:コティマム)

「人として一番大切だと思う信頼がなくなりました」

ある50代女性は、不倫した夫の言い訳にウンザリしている。夫には、

「離婚したくて浮気したけど、バレた途端に離婚したくなくなった。離婚するなら子どもは渡さない。弁護士次第でどうにでもなる。俺には経済力があり、子どもを育てる手(浮気相手)もある」

こんな支離滅裂なことを言われたそうだ。浮気しておいて、なぜか強気な夫の"迷言"は続く。

「お前が構ってくれなかった(子どもが夜泣きする)から、俺は浮気をしなければならなかった」

大人になっても、子どものような発言。残念な夫だ。

別の40代女性は「職場が変わったことにより、慣れない環境で心が疲れているのだろうと(夫を)心配しながら過ごしていた」という。しかしその時、夫は「元同僚とのダブル不倫」に勤しんでいた。

女性は「当時、私は不妊治療を始めたばかり。人として一番大切だと思う信頼がなくなりました」と振り返った。そんな重要なタイミングで女性を裏切っていた夫。その後も信用していいかわからなくなる。

「信じていたのですが…」

50代女性は、「(不倫相手と)別れる」という夫の言葉を信じていたが、それが嘘だったと知った。

「5年前に(夫の)不倫が発覚して、(不倫相手と)別れると言われたので信じていたのですが、その後も続いていて子どもができ、認知していました。(夫が)携帯電話を忘れていって、なんとなく見たら不倫相手とLINEしていて、続いていたんだとわかりました」

夫は水面下で不倫相手と関係を続けていただけでなく、子どもまで認知していた。女性のショックは計り知れない。

60代の女性は、元夫の不倫状況を振り返った。それは女性の長女がまだ中学生、長男が小学生の時のことだった。

「元夫は、長男の誕生日に不倫相手と海外旅行に行っていた。その後単身赴任で九州で暮らしていたが、その住まいに頻繁に不倫相手を関東から呼び寄せていたことが発覚」

大事な子どもの誕生日すら、不倫相手と過ごしていた元夫。女性は離婚を決意した。

「離婚調停時に元夫は親権を放棄。半年後その不倫相手と結婚していた。親権を放棄したかった意味がよく分かった」

なんとも、残念な夫たちだ。

※アンケート概要
■実施期間
2020年6月12日~
■回答数
777 ※2021年8月24日時点
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/TX9IZBNW
■質問項目
・不倫した・されたことはありますか?
その時の状況やエピソード、思ったこと、不満など、具体的に教えてください。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ