「家族は大事だから離婚はしたくない」9年も不倫していた夫の身勝手すぎる言い分に妻は…… | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「家族は大事だから離婚はしたくない」9年も不倫していた夫の身勝手すぎる言い分に妻は……

画像はイメージ

画像はイメージ

夫にダブル不倫された女性(40代/正社員)から悲痛な経験談が寄せられた。夫が不倫相手とアプリで知り合ったのは、相手が15歳の頃。空白期間もありながらメッセージのやりとりが続き、9年後に不倫関係になったと女性は明かす。

驚くことに、その後さらに9年間も不倫関係は続いたという。(文:林加奈)

「家族が大事と思っているなら、相手を傷つけるようなことは決してできないはず」

つまり夫と相手女性は18年もの間、なんらかの繋がりを持っていたことになる。不倫関係になったのは、女性がつかんだ情報が正しければ相手が24歳頃のことだ。夫も若かっただろう。

「相手はその間に結婚、2度の出産。結果ダブル不倫に。お互い家族がありながら避妊しないで相手が妊娠(誰の子か不明)堕胎手術後も避妊しないで不倫を継続。主人は見つからなければという思いで不倫を継続していたみたいだが、結果私に見つかってしまう」

堕胎手術は女性の心身に大きな負担がかかる。それにもかかわらず、なぜ不倫を続けられるのだろうか。長い付き合いの中で、簡単には別れられない関係になっていたようだ。

不倫がバレた夫は「家族は大事だから離婚はしたくない」と女性に懇願したというが「それを言われた私は理解に苦しむ。家族が大事と思っているなら、相手を傷つけるようなことは決してできないはず」と苦言を呈す。女性の言い分はもっともだ。その後、

「子どもがいるので離婚はしない方向でと思っているが、この先どうしたらいいのかわからない。不倫相手に慰謝料請求するも、自己破産で請求不可能。女には同じくらいの苦しみを与えたいと日々願ってしまう」

と出口の無い苦しみを綴っていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ