世帯年収600万円のリアル「夫婦2人分の奨学金の返済が月10万円。田舎なので自動車も必須。生活苦しいです」

世帯年収600万円台のリアルな生活感

世帯年収600万円台のリアルな生活感

日本の平均世帯年収は、552万円(2019年厚生労働省調べ)と言われている。では、ほぼ平均値にあたる世帯年収600万円の人たちは、現在の生活についてどのように感じているのだろうか。同世帯年収のキャリコネニュース読者からは、

「貯金なし。毎月苦しい。自動車税は夏のボーナスで払う」(静岡県/40代後半男性/商社系/正社員)

「税金や国民健康保険が高い」(千葉県/70代男性/不動産・建設系/個人事業主)

「多少のゆとりはあるものの、油断していると赤字転落」(兵庫県/30代後半男性/流通・小売系/正社員)

という声が寄せられている。平均的な世帯年収では、安定した生活を送るのは困難なようだ。ほかにも、世帯年収600万円台のリアルな生活感を紹介しよう。(文:大渕ともみ)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「世帯年収の6倍の借り入れがあり、毎月の返済が追いつかない」